金貸しの営業には十分に気をつける

金貸しの営業に注意をしよう

通常の消費者金融からの融資を受けた記録なども、どこかしらから流出している場合があり、闇金業者はそうした債務者リスト(名簿)を手に入れて、お金貸しますよ〜と営業をかけてくる場合があります。

 

電話やハガキ、あらゆる手段で貸し付けのコンタクトを取ってきますが、きっぱりお断りするようにしましょう。

 

闇金と関わっても良いことは何もありません、もしどうしてもお金が必要な場合には他の方法で工面することを真剣に考えてください。

 

安易な気持ちでヤミ金に手を出し、全てを失いその後の人生を台無しにしてしまった人も少なくはありません。

 

返済できない場合は日頃の嫌がらせはもちろん、山奥へつれていかれ過酷な労働をさせられたり、海外へ売り飛ばされたり、内臓売買や最悪の場合には命すら危険にさらされるのです。

 

そういった社会の闇とも言えるアンダーグラウンドな世界が事実存在しています。
まるで漫画のような世界の話ですが、現実としてあるのです。

 

闇金は簡単な気持ちで関わって良い世界ではありません。

 

いくら甘い言葉でお金の融資を持ちかけられても、関わらないように注意してほしいです。


「お金貸しますよ」の営業には注意記事一覧

以前の出資法では貸金業者が上限金利を29.2%としていました。利息制限法はその金額に応じて20%から15%となっていましたが出資法の上限金利が20%に引き下げられることになりました。ちなみにこれらの法定金利を超えた利息を要求する貸金業者はすべてヤミ金業者です。ヤミ金業者の中には通常の貸金業者と変わらないタイプと相手にわざと返済をさせないでずっと利息をむしり取ろうとするタイプや携帯電話の契約をさせよ...

多くの人は闇金は高利だけどお金を貸してくれる非合法な業者というふうに思っている人が多いと思います。漫画「闇金ウシジマくん」などが有名になり闇金はああいうイメージが定着しているのだと思います。雰囲気は現実と近いものがあるのですがあのように直接客にあったりするようなことは闇金はしません。また闇金といいつつお金を貸さない悪質な業者も非常に多いです。実際のお金を貸してくれる闇金からお金を借りたとしてもその...