出資法制限を超える金利は100%闇金

出資法制限とは?

以前の出資法では貸金業者が上限金利を29.2%としていました。利息制限法はその金額に応じて20%から15%となっていましたが出資法の上限金利が20%に引き下げられることになりました。

 

ちなみにこれらの法定金利を超えた利息を要求する貸金業者はすべてヤミ金業者です。ヤミ金業者の中には通常の貸金業者と変わらないタイプと相手にわざと返済をさせないでずっと利息をむしり取ろうとするタイプや携帯電話の契約をさせようとするタイプなど色々なタイプがいます。

 

お金がないからといって闇金でもいいからお金を貸して欲しいという人も世の中にはいますがそれは絶対にやめておいたほうがいいです。その理由は簡単で闇金業者にお金を借りて良かったと言ってる人は誰一人見たことがないからです。

 

お金がないからといって絶対に闇金業者にお金を借りるのはやめましょう。もちろん取立てが優しいとか言われているソフト闇金も金利の面では暴利ですから絶対に手を出してはいけません。

 

どうしてもお金が必要なときはアルバイトでもしましょう。お金を稼ぐのに簡単な方法などありません。身体を動かすか頭を動かしてお金を稼ぎましょう。

 

もしもすでに闇金業者からお金を借りてしまっている場合はすぐにその業者の名前をインターネットで検索して下さい。今の時代悪質な業者はネットにも晒されています。

 

そして被害が大きくなる前に警察に相談をしたり場合によっては闇金業者に強い弁護士に相談をし面倒事が大きくなる前に問題を解決することが望ましいです。