司法書士と弁護士の違いについて

司法書士と弁護士どちらに相談するのが正解なのか?

闇金問題を解決するには、弁護士か司法書士に相談するのが一番ですが、弁護士と司法書士の違いとはなんだろう?という疑問にお答えします。

 

弁護士は法律業務を全般を扱うのに対し、司法書士等は法律で定められた分野を扱うことができます。

 

イメージとしては、弁護士さんが行き届かない部分を補完するのが司法書士といった感じです。

 

つまり、位としては弁護士の方が上という形になります。(上も下もありませんが…)

 

司法書士はそもそも、登記や供託を扱うことが専門の資格です。
ですが、弁護士人口の不足を補うために法務省の認定を受けることで『認定司法書士』として一定の範囲で問題解決業務を扱うことが認められるようになりました。

 

闇金問題の解決に関しては、認定司法書士は140万円以下の訴訟に限り弁護士と同様に代理人になれるので、140万円という額を超えていない場合は弁護士でも司法書士でも大きな違いはありません。

 

※債務整理などを扱う場合には、対応できる業務が弁護士の方が広いので弁護士が有利です。

 

よって、ヤミ金の問題を解決したいと考えた時には『弁護士』か『司法書士』のどちらでも大丈夫です。

 

まずは無料相談してみることが解決の第一歩なので、闇金問題に悩んでいるなら早急に相談しましょう。


司法書士と弁護士の違い記事一覧

闇金からお金を借りて返済しない場合はどのような行動を起こしてくるのでしょうか?まず考えられる対処法を上げていきます。嫌がらせの電話に出ない嫌がらせの電話に出なければいいのでは?という考えもありますが電話に出るまで何度も何度もかかってくるので非常に迷惑極まりないです。引っ越ししたり携帯電話を解約してみる引っ越ししても契約の時に家族の連絡先や会社の連絡先などを抑えられているので携帯を止めたら会社や家族...