口座を渡してしまった場合の対処方法

口座を渡してしまうのは違法行為になる

お金に困っているからといって、口座を他人に売ったり譲渡するのは違法行為です。

 

闇金から借りたお金や利息が支払えない場合に、代わりに銀行口座を渡すよう言われることがありますが、絶対に渡してはなりません。

 

譲渡した口座は詐欺などの犯罪目的に使われるので、自分名義の口座を渡してしまうと、自分も犯罪に巻き込まれることとなります。

 

最悪の場合、自分が警察に逮捕される結果になることもあります。

 

例えば、あなたの譲渡した口座がオレオレ詐欺などの特殊詐欺に利用されていた場合、警察からあなたに容疑が掛り聴取を受けることにもなります。

 

そもそも口座は例え家族であっても利用させてはならないという決まりがあります。

 

口座を譲渡すれば、それは犯罪行為に加担しているのと同じことになるのでやってはいけません。

 

また、闇金への譲渡目的で自分の名義を使い口座を開設するのも同じことなのでやってはいけません。

 

もし、闇金業者に口座を渡してしまっている場合には、即時銀行に連絡して口座を解約してもらいましょう。


口座を渡してしまった場合記事一覧

ヤミ金被害にあった場合警察に相談する場合は交番ではなく管轄の警察署に相談をしましょう。そして取立てや借金の相談ではなく闇金業者への被害届けを出しにきたことを伝えましょう。最近では自宅に闇金が取立てに来ることは殆ど無いのですが自宅に取立てに来た時は警察が対応してくれますが被害届を出したからといって24時間あなたの為にパトロールをしてくれるということはありません。場合によっては闇金業者に直接連絡をして...